ウォーターサーバーのメリット

冷水と温水がすぐに出てくる

ウォーターサーバーは約6℃の冷水と約85℃の温水がすぐに出てきます。普通に温水を自分で作るとなるとヤカンで沸かしたり、電気ポッドを使わなければならず、時間も結構かかります。冷水もあらかじめ冷蔵庫で冷やしておく必要がありません。ウォーターサーバーであればワンタッチですぐに冷水と温水がでてくるのでとても便利です。忙しい朝にコーヒーやお茶を淹れるのもすぐにできますし、赤ちゃんが泣きだしたときもすぐにミルクをあげられます。

・おいしく安全な水が飲める
ウォーターサーバーの水には、ナチュラルミネラルウォーターとRO水という2種類があります。ナチュラルミネラルウォーターとは地中でミネラルが溶けた込んだ水のことで、人工的な添加物が入ってなく、科学的に成分が加工されてもいません。自然本来のおいしさを味わうことができる安全な水です。RO水とはRO膜という逆浸透膜のフィルターでろ過された水のことです。RO膜はろ過力が非常に強いので、化学物質や汚染物質はもちろん、環境ホルモンや放射能であってもろ過でき、こちらも安全性が高い水です。

定期配送で水が自宅に届く

スーパーなどで2リットル6本入のミネラルウォーターの箱を買って、自分で運ぶとなると重くて大変ですが、ウォーターサーバーを設置すれば水を定期配送で自宅に届けてくれるので楽です。通販などのような買い忘れの心配もありません。希望した周期で、例えば○週間で○本というように注文できるので、自分に合わせた量を届けてもらうことができます。季節や時期によって必要な水の量が変わることもあるので、その場合は追加注文できたり、定期配送の休止サービスを利用したりできます。

非常時の備蓄用にもなる

自然災害、特に最近では地震が起きた場合に備えて、食糧や水を備蓄しておくことが重要になってきています。ウォーターサーバーのボトルは、通常1本12Lなので意識していなくても水を備蓄していることになります。飲みきらなくても定期配送で水が届くので、常に家に水があることになります。ウォーターサーバーの中には重力によって出水でき、電力に頼らなくてもいいタイプもあるので、停電時であっても安心して使えます。

ここではウォーターサーバーのメリットを4つ紹介しましたが、他にもまだメリットはたくさんあります。この機会にウォーターサーバーの利用を検討して、より安全で便利な生活を始めてはいかがでしょうか。